'."\n";?> 「スカート内盗撮」被害を防ぐ - 防犯ポイントセコム

「スカート内盗撮」被害を防ぐ - 防犯ポイントセコム

「スカート内盗撮」被害を防ぐ

盗撮はいけない事と解かっていてもしてしまうという種類の犯罪です。盗撮にも種類があって、ライブ会場で許可されていない撮影や書店やコンビニなどで雑誌、書籍などからデジタルカメラで情報が欲してページのみを撮影するデジタル万引きなどあります。中でも女性に対する盗撮が一番問題です。

まず、盗撮は被害者が解かりにくいという事があります。盗撮ですのでそれは当然です。女性がスカートを着る場合は、盗撮される危険があるという事を念頭において注意してください。特に注意が必要なのは、階段やエスカレータなどの段差がある所です。この場合は、バッグで隠すなどして盗撮されることを防ぎましょう。

また、コンビニや書店などで立ち読みして読みふけっていると盗撮の格好の餌食になりますので、注意してください。

スカートをはいている時に電車で眠ってしまうのは盗撮の危険があります。どうしても眠ってしまう場合は、ひざに何かを掛けて盗撮から身を守りましょう。

盗撮はしかし、必ずシャッター音がする筈です。女性はシャッター音に敏感になってください。例えば、イヤホンで音楽を聴く場合はスカートをはくのはやめとくべきです。また、携帯電話で話に夢中になっている時などシャッター音は聞こえませんので、特に注意が必要です。

しかし、ビデオカメラなどはシャッター音がしません。また、シャッター音が出ないようにする仕方がウェブ上で紹介されています。盗撮する人はどうしてもしてしまうようなので、特に女性は周りに注意を払って誰か怪しい人物がいないかどうかをチェックしてください。

世知辛いと思いますが、自分で気を付けないと盗撮は防ぎようがありません。十分に気を付けてください。