'."\n";?> 車上荒らし - 防犯ポイントセコム

車上荒らし - 防犯ポイントセコム

車上荒らし

マイカーをちょっとの時間駐車していたならば、車上荒らしにあったと言う経験がある方は少なくないと思います。最近では、カーナビのみを盗むなど、車上荒らしも特徴的なものに変化しています。

報道でよく耳にする車上荒らしで、何億円相当のものが盗まれたとか、教員のクルマから生徒の成績などの個人情報が書かれた資料などが盗まれたなど、もう取り返しがつかないものを盗まれたという報道を耳にすると、車上荒らしは、もう、身近に起きている犯罪だとの自覚を持たざるを得ません。

まず、車上荒らしに合わないためには、自動車内に貴重品は置いておかない事です。そして、ちょっとだけ車から離れるだけだからと、エンジンキーを差し込んだまま車から離れるのは最も危険ですので、車から離れる場合はどんな時でもエンジンキーは持って出てください。

また、窓を少し開けたまま自動車から離れてしまったり、エンジンキーを差し込んだまま離れたりといった、ある意味「自動車を開けっ放し」の状態で車から離れる事は「どうぞ車上を荒らしてください」と言っているようなものです。

もしも何かを隠したような感じがする車内の自動車が返って車上荒らしにあいます。それは、何かを隠している事は社外から見れば何となく解かるものなのです。ですので、自動車を禁錮代わりにせずに、車内に貴重品は一切残さない事です。

しかし、カーナビは持ち出すには厄介極まりないです。そのために車上荒らしにあわないために防犯対策をする事が大切になります。

自動車は数十万円から高いものでは数千万円するものまであります。自賠責保険に入っていても盗難保険に入っていなければ、車は盗まれたままローンが残るだけです。

また、自動車用品店に行けば、車上荒らしを防止する防犯グッズがたくさん売っていますので、それらをうまく活用して車上荒らしや車の盗難を防止してください。