'."\n";?> スキミングによる偽造キャッシュカード被害 - 防犯ポイントセコム

スキミングによる偽造キャッシュカード被害 - 防犯ポイントセコム

スキミングによる偽造キャッシュカード被害

カード被害に遭わないようにするには次の点をまず気を付けてください。

  • 1 暗証番号を生年月日にしている人はすぐに変える。
  • 2 関東地方でのカードの被害は特に多いので関東地方に住んでいる人は特に気を付ける。
  • 3 仮に被害に遭った場合、すぐに知らなければ被害は拡大しますので、記帳や残高照会はまめに行う
  • 4 被害に遭っても保証はほとんど行われないと考えておくべき。

以上の事がまず、カードによる犯罪から身を守る基本です。

そして、げんざ゜いでは、カードの偽造は「スキミング」という方法で行われる場合が少なくありません。スキミングとはスハマーという機器を使ってカードの磁気情報のみを盗み取る事です。カードの情報さえあれば偽造カードは作り放題で、また、スキミングは被害に遭っても気づきにくいので次の事に気を付けてください。

l 繁華街のマッサージ・エステ店や飲み屋では決してカードを使わない事であり、できればカードを持っていかない事です。

l ゴルフ場でカード犯罪が多く行われていますので、ゴルフ場などの貴重品ボックスの暗証番号はカード番号と違うようにしてください。

また、頭の片隅にでもいつも置いておいてほしい事にATMから銀行本部には、情報は電話回線によって送られているという事です。この場合、電話線に盗聴器がしかけられると、カードの情報と暗証番号を簡単に盗めるというカード犯罪があります。この手口は、「スキマー」を使わずに、ATMを利用する人すべての情報が入手できてしまうので、利用者にはまったく防ぎようがないといえます。

とにかく、本人が幾ら気を付けてもカード犯罪者に狙われたならば、被害を防げる手だてが少ないので、被害に遭ったならば、すぐに金融機関と警察に連絡する事が一番です。そのためには、こまめにカードの残高照会などをしてください。