'."\n";?> ピッキング - 防犯ポイントセコム

ピッキング - 防犯ポイントセコム

ピッキング

ある時期ピッキングが多発しましたが、そのころより以降に新築された物件や錠前を交換した物件では、「ピッキング」や「サムターン回し」の対策がなされているはずです。しかし、年数が経った物件は、ピッキングにもサムターン回しのいずれに関しての対策放されていない、つまり玄関ドアからの侵入被害を受けやすいといえます。

「ピッキング対策がなされたシリンダーに替えた」とか「サムターン回し対策も大丈夫」だからと言って、玄関ドアからの侵入防止対策は万全と、油断してはなりません。現在は、荒っぽい手口、例えばドリルや何らかの工具などによって鍵穴を強引に壊されたり、バール等によってドアをこじ開けられたり、シリンダー自体がもぎ取られるなどの強引な手口が増えてきました。

帰宅して玄関ドアを開けたら鍵はシュークロゼットの上という人はかなり多いようです。しかし、これは大変危険な事です。シュークロゼットの上に鍵を置いていた人が、知らない間に誰かに合鍵を作られて侵入窃盗被害に遭ったという事件も実際に起きています。鍵は玄関に置くことなく必ず一枚ドアを隔てた室内で保管してください。

また、集合郵便受けに合鍵を入れておいたり、植木鉢の下に置いたり、メーターボックスの中に置いておくなどの「置き鍵」は森羅―乳窃盗の格好の餌食となります。「置き鍵」は大変危険で、厳禁です。

悲惨な事件ですが、女性の自宅の鍵を職場のロッカーから盗み出して合鍵を作り、深夜侵入して殺害したという事件も起こっています。在宅中に侵入されたら身も危険です。見知らぬ誰かに自他幕が侵入されるということは、被害の多寡によらず精神的ショックが大きいものです。外出時の鍵の保管にはくれぐれも気を付けてください。

自宅は、自分と家族の命と財産を守る場所です。鍵は常にかかっていて、出入りのときだけ開ける、というのが普通な状態にしてください。油断は禁物です。自宅の鍵は細心の注意を払って管理してください。