'."\n";?> スリや置き引き盗難被害を避ける - 防犯ポイントセコム

スリや置き引き盗難被害を避ける - 防犯ポイントセコム

スリや置き引き盗難被害を避ける

今もスリはよくある犯罪の一つです。バッグばかりでなく、上着の上ポケットやす本の後ろのポケットに財布を入れておくことはスリの被害に遭いやすいので、注意してください。

例えば、女性がバッグを持っているとしたならば、大概そのバッグに財布が入っているのは間違いないでしょう。買い物中にバッグをちょっとそこにおいていたらなくなっていた、という置き引き被害は、実際に起こっているので、店内に「貴重品・バッグは手元から離さずにお持ちください」と張ってあるのです。

また、口が大きく開いたトート型のバッグは、上から見れば中身が丸見えなので危険です。財布など貴重品は「どうぞ盗んでください」と言わんばかりに見えてしまうのです。特に財布は他人に見えないように持ち歩くべきです。トート型のバッグならばポケットかインナーバッグを使って財布を見えないようにしましょう。

そして、財布には現金ばかりでなくカードなど貴重品も入っています。つまり、財布を盗まれるという事は、大切な預金や個人情報を盗まれるという事です。

財布にはそのように貴重なものも一緒に入っていますので、バッグに入れる場合はしっかりと手元から離さずに、また、ひと時も目を離さずにスリや置き引きから守りましょう。

男性では、例えば、上着を電車のフックにかけて寝たてしまうなどもってのほかです。また、お酒で酔っ払って公園のベンチに眠り込んでしまうなどすると、上着のポケットから財布が盗まれること間違いなしです。お酒も泥酔するまで飲まずにするなどしないとスリなどの格好の餌食になります。

スリや置き引きなどの盗難被害は、現金ばかりでなく大切なものも一緒に盗まれてしまいますので、財布を盗まれないように十分に気を付けてください。