'."\n";?> 振り込め詐欺 - 防犯ポイントセコム

振り込め詐欺 - 防犯ポイントセコム

振り込め詐欺

一時減少していた振り込め詐欺ですが、再び増加しています。現在増えているのは、ATMへの振り込みによる詐欺ではなく、手渡しの手法による詐欺です。

これまでの携帯電話などを使ってATMに誘導して、還付金などの還付手続をすると騙して振込みをさせる「還付金詐欺」などは、現在、ATMの周辺には警察官などを配備されていたり、1ATMに大金を振り込む場合など、職員からの「振り込め詐欺ではありませんか?」との声かけやATMへの振り込める金額が制限されたりなど、一時期は振り頃詐欺は減っていましたが、現在、再び増加しています。

その原因は、ATMへの振り込みは減ったのですが、その代わりに現金を自宅にまで取りに来るという手口が急増しているのです。この場合ですと、ATMの操作もなければ、「受け子」と呼ばれる現金を受け取る役割の人物を仮に捕まえても、詐欺が巧妙かつ複雑なために大元の詐欺グループの摘発までには至らないとのが現状なのです。

それでは見知らぬ人物に現金を渡してしまうのはなぜなのでしょうか。現在の直接手渡しによる詐欺は、基本的には「オレオレ詐欺」に分類されます。息子や夫、孫などを名乗って、「会社の金を使い込んでしまつたので、そのお金を補填しなければクビになる」などと「不祥事」などを理由にして、すぐにもお金が必要だと、自宅にある金、もしくはすぐに用意できる大金を、「代わりの者が受け取りに行くから」という手法が主流です。

実際に、現金を受け取りに見知らぬ人間が来たら、それだけで本当のことなんだと信じてしまいがちで、そして、それ以前に、渡すだけのお金があるということが問題です。

それでは子の振り込め詐欺を防ぐには、まず、電話一本かけて本人かどうかを確認する事です。しかし、実際に詐欺にあった人の言によれば、心理的に急かされ、判断する時間などないという事です。電話一本で大金を依頼される……冷静に考えたら、それだけでもおかしなことなのに、短時間に判断を求められるから振り込め詐欺が増えているのです。つまり、直接現金を受け取りに来る現在の振り込め詐欺は、自分の子どもや孫、夫などへの愛情を天秤に掛けさせるのです。そして、上にほだされた人はまんまと振り込め詐欺の被害者になってしまうのです。

振り込め詐欺の被害に遭わないためには、疑問点が多々ある電話がかかって来たならば、傍と立ち止まり、本人に確認することしかありません。