'."\n";?> 3つの防犯対策 - 防犯ポイントセコム

3つの防犯対策 - 防犯ポイントセコム

3つの防犯対策

「防犯対策」と言われても、何から始めたらいいのか分からないというそんな人のために、防犯の心がまえや身を守る「3つの力」基本を紹介します。

何と言っても我が身を守ることは防犯の基本中の基本です。当然、幼い子どもは保護者が守るのは言うまでもありません。

性別、年代、生活環境など、その人の色々な条件によって、当然のこと、巻き込まれる危険は変わります。例えば若い女性なら痴漢やひったくりです。つまり、自分自身が巻き込まれてしまう危険の種類を知ることで、自分の身は守れるのです。

自分が巻き込まれやすい危険の種類を知り、また、自分自身が生活している環境を知り、自分自身の性格などを知ることなど、「情報力」が第一に必要なことと言えます。

次は「想像力」が必要です。現在、世間で起きている事件の数々から、そうした事件が我が身や家族、住まいに起こり得るだろうか? と想像してみること、つまり、シミュレーションすることが大切です。もし、起きた場合、「いつ、どこで、誰から、どんなふうに」といったように、具体的に想像してみるのです。

自分や家族の者が遭いやすい被害が分かれば、「どうしたらそうなるか?」を結果から原因へと逆算して考えます。「夜道を1人で歩いているから」など、自分や家族の危険に逢いやすい弱点が解かってくるはずです。こさえ解かれば、危険に遭いやすい状況も自然史想像できます。

3番目に必要なのは、具体的な安全対策を実行に移す「実行力」です。例えば痴漢被害に遭わないようにパンツスタイルで出勤するなど、想像できる危険を避けるために具体的な防犯対策を実行することです。

危険に巻き込まれないような状況になることを避けるという「被害に遭う前に遭わないように対策すること」が防犯対策の基本なのです。